京進スクール・ワン四日市ときわ教室・富田教室・川越富洲原教室

四日市市の個別指導塾といえば京進スクール・ワン!京進スクール・ワン四日市ときわ教室・富田教室・川越富洲原教室

ABOUT会社紹介

  • ひとりひとりを大切に。それは、生徒と同じように講師の先生も大切にするということ。
    京進スクール・ワンは、京都を中心に日本全国に教室を展開する、株式会社京進の個別指導部門です。

    京進は「従業員の物心両面の豊かさを追求する」という理念を掲げています。

    生徒満足・保護者満足だけではなく、講師の皆様にも満足して働いていただける教室作りを心がけています。

    2016年、株式会社京進は一般財団法人日本次世代企業普及機構による「第1回ホワイト企業アワード ダイバーシティ部門賞」を受賞しました。
    働き方改革にも業界に先駆けていち早く対応しています。

    生徒の学力と人間性を育てるというやりがいを経験できる仕事です。

WORK仕事紹介

京進スクール・ワンの特徴
  • 1対2個別指導が、1対3や1対1よりも学習効果が高い理由
    Q.先生は隣にずっと座っていますか?

    A.はい。京進スクール・ワンでの個別指導は、先生はずっと座りながら、両隣の生徒に交互に解説をすることができます。仮に1対3以上の個別指導ですと、生徒全員が隣に座れなくなるので、先生は生徒がいる場所を動き回りながら授業をしていくことになります。これは生徒の立場から見ると、質問などがあっても聞きたい時に聞けません。京進は1対2にすることで、生徒が困っている時にすぐ気づけて、生徒が質問できなくても先生から質問できるようにしているところに大きな特徴があります。


    Q.教える生徒は毎週同じですか?それとも変わりますか?

    A.京進スクール・ワンは「担任制」ですので、毎週、同じ生徒さんを指導できます。担任制ではない塾ですと、毎週担当する生徒が変わるので、先生の授業準備も大変ですし、生徒の前回の理解度や過去の経緯を知ることも難しいです。また、生徒の立場からすると先生によって指導法が安定しないので混乱の原因となり、信頼関係を築くことも難しいです。毎週同じ生徒を見ることで、一貫性のある指導と、この子を育てたいというやりがいが生まれます。


    Q.1対2で片方の生徒に説明している間、もう一人はどうしているのですか?

    A.先生が解説したところの復習になる問題を解いています。1対2にした理由がここです。1対1ですと、先生が生徒にすべてを教えたいと思うあまり、授業時間がすべて先生の一方的な話で終わったという場合もありえます。話ばかり聞いている生徒は先生の話をすべて吸収できず消化不良を起こします。学校やテストで問題を解く時に、生徒さんがヒントなしで一人で問題に立ち向かわないといけません。だから、個別指導の授業時間の中で、必ず「先生が教えている時間」と「一人で正解できるように問題を試す時間」が必要です。京進は1対2にすることで自動的に演習時間を作り、生徒さんが1人で問題を解ききる力も育てます。それにより、自力で正解したという自信をつけて本番に臨むことができます。

RECRUIT求人情報

現在、以下の求人を募集しております。求人の詳細情報は各求人ページをご確認ください。

COMPANY会社情報

京進スクール・ワン四日市ときわ教室・富田教室・川越富洲原教室
住所
三重県四日市市城西町4-21 ときわビル1F
代表氏名
吉川 秀道